2014年1月31日金曜日

ノストラダムス・マヤ文明を超えた大予言2013


超常現象マル秘Xファイル~2013年 最強の予言者


2013年最強の大予言が伝える終末説の真実!


2013年★予言警告の書★


出口王仁三郎と大本教


円盤屋「飛鳥ゼミナールXI」飛鳥昭雄DVD[64] サンプル版


円盤屋「驚愕の地球史」飛鳥昭雄DVD[67] サンプル版


円盤屋「飛鳥ゼミナールXIII」飛鳥昭雄DVD[72] サンプル版


円盤屋「天啓の書、聖書」飛鳥昭雄DVD[71] サンプル版


円盤屋「静かに、深く、確実に侵蝕し続けるナチズム」飛鳥昭雄DVD[70] サンプル版


円盤屋「日本建国の祖、神武天皇」飛鳥昭雄DVD[69] サンプル版


エリア51を引き続き調査せよ 2-2


エリア51を引き続き調査せよ 2-1


エリア51の謎を追え 2-2


エリア51の謎を追え 2-1


UFO Sightings Area 51 Disclosure Shocking Insight on J-Rod Whistle Blowe...


Area 52 "The New Area 51"


「プラズマ宇宙論」飛鳥昭雄DVD[19] サンプル版


映画『エリア52』予告編


The Secret Location of Stargates around the World [FULL SHOW]


2014年1月30日木曜日

ワグナー - タンホイザー 入場行進曲


タンホイザー序曲 / Tannhauser Overture :Wagner


ワーグナー:楽劇「ニーベルングの指輪」~「ワルキューレ」第1幕:ショルティ/VPO


ワーグナー 『ワルキューレの騎行』 Wagner "Ride of the Valkyries"


【西尾幹二】#126 日本人が戦った白人の選民思想・後半[桜H25/5/8]


【西尾幹二】#125 日本人が戦った白人の選民思想・前半[桜H25/4/24]


西尾幹二全集刊行記念講演「ニーチェの言葉「神は死せり」」(後半)


西尾幹二全集刊行記念講演「ニーチェの言葉「神は死せり」」(前半)


【名言集】ニーチェに学ぶ15の言葉


生体インプラントと超人間主義の進化


遺伝子組換え 高校生物実験 GFP遺伝子の導入で 光る大腸菌


科学のフロンティア (9)遺伝子の最前線にオリジナル技術で挑む RNAが拓く生命科学の新世界


Human-Plant Hybrid (Genetic Engineering at Home) ビネガーを入れると言うことは酸を入れると言うことだよね・・・・・・・・なるほど



アップロード日: 2011/08/03
Genetic engineering at home - how to create a human-plant hybrid that can sense and react to your touch, using everyday plant seeds and your own DNA. Feel free to add your own tips and suggestions in the comments!

新しい万能細胞作製に成功 iPS細胞より簡易 理研


新たな万能細胞開発 iPSより効率的に 神戸の理研など


新たな万能細胞を開発 神戸の理研など


最新UFO映像 2013年12月6日


最新UFO映像特集!


UFO Sightings UFO Create Strange Numbers In The Skies? What Do they Mean...


UFO Sightings Military Helicopter Abducted By UFO in Mid Air? Watch Now!


UFO Sightings Air Force Flying Saucer? New Video Watch Now!


UFO Sightings Chinook helicopter Airlifts Unidentified Object! Is this a...


UFO Sightings Air force flying Saucer? Enhanced Close Up Video Stills!!!


2012 UFO Sightings In China - Hundreds Of Witness!


UFO mainstream media coverage MASS SIGHTINGS taking place


UFO mainstream media coverage MASS SIGHTINGS taking place


UFO mainstream media coverage MASS SIGHTINGS taking place


Case Tape 347


Real UFOs caught on tape


2014年1月29日水曜日

UFO leaving a Wormhole-Amazing footage!.


Extraordinary UFO wormhole sighting in China - Forces Xiaoshan Airport t...


UFO Spiral Seen in Western Canada - Several Angles.


Aurora Boreal Cuando Dios coge el pincel!! con Claro de Luna de Beethoven すばらしいオーロラ


Aurora Borealis 2012


Amazing Northern Lights in Norway at adventurous Holiday 2014? 今年かな凄いオーロラだ!


宇宙から見たオーロラ展2011会場の様子


東京・新宿で「宇宙から見たオーロラ展2012」が開催


コニカミノルタプラザ宇宙から見たオーロラ展オーロラ解説映像1分 (2013)


宇宙から見たオーロラ展2014 コニカミノルタプラザ


2010/04/05 オーロラ大爆発(実速度) Northern Lights,Break Up (Live!Aurora ) normal s...


【南極地域観測協力行動】 南極のオーロラ(特別編集)


北極圏のオーロラ=米アラスカ州ワイズマンで撮影


HD/4K Live!Aurora(northern lights live ) demo / Live!オーロラ HD/4K版ダDigest・...


アルシオン-プレヤデス Alcyon Pleiades Japanese (Part 1 of 3) - Original Version


アルシオン-プレヤデス 第2部 Alcyon Pleiades Japanese (Part 2 of 3)


アルシオン・プレヤデス(3部作の第3部) オリジナルバージョン - Japanese


ETI交流文明(6)をUFO大学院(UGS)から紹介

ETI交流文明(6)をUFO大学院(UGS)から紹介

ETI交流文明(7)をUFO大学院(UGS)から紹介


ETI交流文明(1)をUFO大学院(UGS)から紹介


ETI交流文明(2)をUFO大学院(UGS)を紹介


ETI交流文明(3)をUFO大学院(UGS)から紹介


ETI交流文明(4)をUFO大学院(UGS)から紹介


ETI交流文明(8)をUFO大学院(UGS)から紹介


ETI交流文明(7)をUFO大学院(UGS)から紹介


日独UFO開発③ / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


日独のUFO開発② / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


日独のUFO開発① / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


日独火星探査(2) // UFO University ( UFO大学 / UU )


ドイツのUFO開発(2)をUFO大学院(UGS)から紹介


ドイツのUFO開発(1)をUFO大学院(UGS)から紹介


日独火星探査(1) // UFO University ( UFO大学 / UU )


#9 アレックス・コリアー:個人での意識改革と地球人としての責任


5分ぐらいから、火星のことが語られる。
火星に30万人の地球人のコロニーがあった。
2100機のスカウトシップでアルファー・ドラコニアンが
10万人規模で攻めてきた。
みな殺された。食べられた。地獄を見た

2014年1月28日火曜日

12.19EE1922科学と霊性 ローラ アイゼンハワー神の女性面を取戻す.mp4 火星行きのエレベーター  テレポーテイション








火星行きのエレベーター  テレポーテイション


a secret Mars colony project

Examiner.com
http://www.examiner.com/x-2912-Seattle-Exopolitics-Examiner~y2010m2d10-Whistleblower-Laura-Magdalene-Eisenhower-Ikes-greatgranddaughter-outs-secret-Mars-colony-project


\¤\᡼\¸ 2        \¤\᡼\¸ 1

(要約)
ローラマグダリーンアイゼンハワー、アイクの曾孫
ドワイトD.アイゼンハワー元大統領(1890~1969)の曾
孫、ローラマグダリーンアイゼンハワーは、火星コロニ
ープロジェクトから内々に採用の打診があったことをメ
ディアに暴露した。採用の中身というのは2006年4
月から2007年1月まで火星コロニーで働くというもの。
ローラはこの申し出を断った。ローラの話はウェブサイ
ト ExopoliticsRadio.org と彼女自身のサイトに掲載され
ている。
キリアはスタンフォード大学出身のアーチスト。ローラ
の同級生。時間旅行の監視と火星コロニープロジェクト
のスパイの仕事の採用者リストにのったことを語ってい
る。極秘にすすめられている火星コロニープロジェクト
の目的は、地球でおこる人為的な災害、天然の災害によ
る人類削減計画からの人類の避難所をつくることである。
ローラとキリアはどちらもスタンフォード調査委員会の
前調査員ハロルドE.プソフ博士のことを知っている。プ
ソフ博士は火星コロニープロジェクトの立役者だ。
2人の証言はアンドリュー.D. バジアーゴ氏の証言と一
致する。バジアーゴ氏は弁護士でアメリカ政府の極秘プ
ロジェクト、タイムマシーンの開発の取材をつづけてい
る。バジアーゴ氏はテレポーテーションの体験を過去二
回している。一度目は1981年、カリフォルニア州エ
ルセガンド( El Segundo )にあるCIAの施設から火星
へ彼一人でテレポーテーションした。二度目は同じ径路
でCIA職員のコートニーM.ハント氏といっしょにテレ
ポーテーションした。

ホワイトハウス:
ドワイトD.アイゼンハワー元大統領
ローラマグダリーンアイゼンハワー、宇宙人、アイゼン
ハワー家の伝説
ローラマグダリーンアイゼンハワーはアメリカ国内外の
20以上の都市を旅行や引越で転々として最先端の医学、
環境学、錬金術、形而上学、古代史などの幅広い学識を
身につけた。さらに科学者、荒野探検のリーダー、自然
療法士、建築士の資格をもつ。さらに神話の宇宙論者、
戦略家、サイキック治療者、平和活動家、アーティスト
だ。ウェブサイト Exopolitics.com の火星コロニープロ
ジェクトの記事でローラはこう書いている。
― 「私の曾祖父アイク大統領、ヒトラーと戦って連合
軍を勝利に導いた軍将軍でもあったアイク大統領。彼は
地球にはびこる権力の不正と戦い歴史の上でも最も勇気
あるシナリオをつくった。大きくなるにしたがい、私は
古代から延々とつづく戦いはもう終えたと感じるように
なっていった。第二時世界大戦がおわった。ヒトラーは
死んだしナチスは権力をうしなった。しかし宇宙人の一
味はそうはならなかった。宇宙人の一味はまた新しい宿
主をみつけて寄生して操っている。その宿主とはロック
フェラー、グローバルエリートのことだ。彼らは恐れに
よって人類を支配し、神の教えを廃れさせようとしてい
る。

local pc


火星行きのエレベーター
氏によれば、このデバイスが地球と火星をむずぶ交通
手段で、デバイスは大きな貨物エレベーターに似てい
るということです


projectcamelot
http://projectcamelot.org/index_archive_7.html
上記の記事はこのブログの転載です
http://blogs.yahoo.co.jp/dojobzzzz/50217543.html
アンディ君火星基地へ

\¤\᡼\¸ 2

火星基地について(B-2)


アンディ君 火星基地へ、-1-


彼は、高校生のころから、お父さんや、周りの人に、海軍兵学校(大学)へ行くようにしきりに薦められますが、頑として反対し、UCSD (カルフォルニア大学、サンディエゴ校)に入学し、2年目は、UCLA(ロスアンジェルス校)へ編入します。


尚、アンドリュー・バシアゴ(バシャゴ)氏の履歴には、取得した学位の中に、歴史(UCLA)、高等数学(海軍情報局)、哲学修士(英国、ケンブリッジ)、ロースクール環境法学専攻(ノースウェスタン大学)などでIQは、186ですので、上位0.00003% となっています。


19歳のとき、引退したCIA エージェントで謎の男、コートニー ハント氏 (X-File に出て来るタバコを吸う謎のシニカルな男にとても似ていたと言います)の使い走りなどするようになります。
 コートニーは、しきりにアンディ君にCIA には入るように薦めますが、かれは、頑として受け付けないでいました。
コートニーは、ある日、おもむろにいいだします。


コ:『それじゃ、火星にいってみるか?』
ア:『火星?興味ないな、自分で行けば?ボクは、やだよ、、、』といって言葉を返していたのですが、会うごとに、しきりに薦めます。
そのころのアンディ君は、文学青年でジャーナリズムと大学での勉強に専念していたので小学生低学年の時の事なんがは、忘却の彼方でした。
そのうち恐る恐る、断るアンディ君にコートニーは、言葉に圧力をかけます。CIAに一度、つき会い出すと、両親や、警察、学校の先生等を含め、だれも助けを求めにいく所などないそうです。


ア:『火星って、宇宙船かなんかに乗るわけ?』
コ:『どうだって?知っているだろう、、、子供のころよくやったじゃないか?』
とそっぽを向きながらタバコを吸いつずけます。


そうして、断り切れなくなって、一緒に行く事になりました。コートニーが自分の車を運転してロスアンジェルス国際空港の南、エルセグンド地区のCIA が持っているビルに着きます。エレベーターで5階に上がると、ロビーの大きな受付けカウンターに、たった一人男性が座っているのがみえます。
チェクリストを見るともうアンディ君の名前が書いてあるでは、ありませんか。


コートニーは、ニヤット笑って、受け付けの男に『ローソクに火を入れてやってくれよ』と言います。
二人は、エレベーターで7階か8階に上がって行きます。するとどうでしょう、カベの一部のライトがピカ、ピカと点滅しだしました。
(つずく)


 


【V(ビジター)】特報!
 
いま都市伝説と言うのが流行っているらしい。「定かではないが怖い不思議怪しい本当ではない可能性の強い噂話」グライの意味らしい。今はブログやインターネット、携帯電話などであっという間に噂も日本中に世界中に広がる。都市伝説の本も売れているらしい。私の身の回りに何かあるかな、と考えて見たがこれがそう言うコンセプトにはまるかどうか分からないけれど発信して見たい。
モウ2-3年前の事であるが、2人の知り合いから別々に聞いた話だ。それを総合すると『自衛隊は4機のUFOを持っている。そのうち2機については今稼動中で火星まで行ってきた人も何人もいる。とくに訓練も要らないらしい。乗れる人は選ばれた人でたいしたお金は要らないらしい。希望者は調査されて秘密に招待されるようだ。1回のフライトで20人弱の定員だそうだ。ある程度定期的にフライトしているらしい。神奈川県に基地があるらしい。他の2機も関東地方に配備されているようだ。』と言うのである。

凄い話ではあるが簡単に『ばかげた話だ』と一蹴されておしまいだ。しかし良く考えて見ると、可能性はおおいにある。落合信彦、矢追純一の著作にあるとうりナチスドイツと大日本帝国が防共協定をむすび"人財"の交換をしていた。ナチスドイツはダイムラー社において秘密裏にUFOを作っていた。その作製、テストフライトに少なくとも3人の日本人がいた。その3人は火星まで行っている。火星から地球に帰ってきた時は第2次世界大戦は終わっていてナチスも大日本帝国も負けて彼らはその存在すら危険であったろう。勿論UFOなどは存在自体大変な秘密事項だ。

しかし1人はすくなくとも戦後元気に日本で暮らしていた。中嶋飛行機だろうか三菱重工だろうか。この至宝の"人財"は表に出る事無く日本製UFOの作製に尽力したのではないだろうか。もしそうだとすれば、ブリル協会が75年ごろに作製したUFOに似ているのだろうか。ナチスはブリル協会の政治セクションだったのだからその可能性が強い。しかし矢追の本にでていたのだと思うが、3人の日本人が火星に行ったときのUFOはどうもハウニブー2形でアダムスキー形に似ている。ハウニブー2形もアルデバラン星の影響を受けて作られた物だろうか。それともナチスの学者技術者の発想が多く採用されているのだろうか。

アダムスキーはドイツの頬に傷のあるナチス幹部の乗るUFOと戦後アメリカでであったのだ、と言う説が正しいのだろうか。アダムスキー形UFOとハウニブー2形は同じ技術によって作られた物と考えたほうが分かり易い。そのぐらい似ている。しかしアダムスキーは金星人火星人木星人とあったと言っている。アルデバラン星ではない。ドイツ人でもない。それともハウニブーは宇宙のスタンダードなフォルムなのだろうか。ビリーマイヤーなどは沢山の写真を発表しているけれど宇宙スタンダードなんてあるのかな。

なんとハウニブーⅢ型機だったということです。
 
 

http://blogs.yahoo.co.jp/nagaiufo/33696771.html

第3の選択~バランタインsテープ火星映像


【火星移住計画】オランダの民間ベンチャー企業が発表(バイリンガルニュースin爆笑問題カーボーイ)


NASA 火星移住の実験開始


2012年火星移住計画!」 .mp4


無人探査車「オポチュニティー」による火星のパノラマ画像、NASA


アポロ20号が撮影した月面古代都市


月探査の新世紀を拓く月周回衛星「かぐや」


宇宙ステーション補給機「こうのとり」4号機(HTV4) 新たなる道


宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)2号機~宇宙船が運ぶ未来~(+ 再生リスト)


小惑星探査機「はやぶさ」帰還編(+ 再生リスト)


547+400縄文人はエイリアンの奴隷(餌)だったJomon people were Aliens Slaves


全てはひとつ!人類へ、2012年から先を生きるためのメッセージ


古代の叡智・エメラルド・タブレット


爬虫類人 カウンターインテリジェンス 心理戦


映画による無意識の洗脳(+ 再生リスト)


衝撃と畏怖 大衆心理操作に注意 Shock and Awe:the Manipulation of Human Psyche Alan Watt...


第一回バラ十字会AMORC神秘学公開セミナー 20110403 PR版004


バラ十字会の過去と現在(The Rosicrucians of the Past and Present - Japanese version)


ジョン・ティーターを追って 2 (ジョン・ティーター現象の真相究明ドキュメンタリ-)


ジョン・ティーターを追って 1 (ジョン・ティーターって何者?という人の為への再現フィルム)





http://blogs.yahoo.co.jp/nagaiufo/MYBLOG/yblog.html?fid=0&m=lc&sk=0&sv=%A5%BF%A5%A4%A5%BF%A1%BC


http://blogs.yahoo.co.jp/nagaiufo/MYBLOG/yblog.html?m=lc&sk=0&sv=%A5%BF%A5%A4%A5%BF%A1%BC&p=2


http://blogs.yahoo.co.jp/nagaiufo/MYBLOG/yblog.html?m=lc&sk=0&sv=%A5%BF%A5%A4%A5%BF%A1%BC&p=3

未来からの警告ジョンタイター 2001年3月から半年後の9・11についても「半年後に起こる・・・・・」と書き残している。


謎のタイムトラベラー ジョン・タイター


救世主予言と仏陀伝説


SPECでの「ファティマ第三の予言」の内容


歴史ミステリー 関東に謎の日本王国があった?最終


【歴史ミステリー】関東日本王国の高度な建築技術が明らかに!?驚愕の"王の館"の全貌!!


歴史ミステリー 関東に謎の日本王国があった?2


【歴史ミステリー】関東日本王国にもあった!!"三種の神器"の謎!!


ファティマ第三の預言の内容が明らかに?


古代エジプトの終末大予言 ムーの基礎知識 2013年11月号 ムー度満点 第3位


ユダヤの黙示録大予言と第3次世界大戦への序曲② ムーの基礎知識 2013年10月号


ユダヤの黙示録大予言と第3次世界大戦への序曲① ムーの基礎知識 2013年10月号


「2011は終焉へのプロローグだったのか」飛鳥昭雄DVD[18] サンプル版


「ヒトラーとナチス第四帝国」飛鳥昭雄DVD[29] サンプル版


円盤屋「日本に封印された、3種の神器と聖櫃アーク」飛鳥昭雄DVD[59] サンプル版


円盤屋「ノストラダムス 大復活」飛鳥昭雄DVD[47] サンプル版


グノーシスはアルシオネから知識を得たのだろうか?      水瓶座の時代    アルシオネ   フォトンベルト   覚醒 


水瓶座の時代    アルシオネ   フォトンベルト   覚醒    グノーシス



水瓶の女性
水瓶座の時代

      .
 <フォトンベルト>
 水瓶座の時代の到来と共に、私たちの太陽系は大きな変化にさらされています。いつの時にも惑星地球の危機が叫ばれて来ましたが、その実際はどうなのでしょうか。ノーシス人類学は惑星や太陽系の運命を知り、自分自身の在り方を探ります。
 フォトンという物質は1961年にプレアデス付近の衛星観測の際に、ドイツの科学者ポール・オットー・ヘッセによって発見された軽量な微粒子で、日本語では光子(こうし)と訳されることもあります。
 日本では古くから「すばる」の名で親しまれるプレアデス星団ですが、それらは、今から約六千万~一億年前に誕生したばかりの若く青白く輝く星の群れで、その内の6、7個の明るい星を肉眼でも数えることができます。それらの星々の寿命は短く、やがて次々に超新星爆発を起こすことが予測されています。
 これはあくまでも、地球の側から観たプレアデス星団であり、私たちはプレアデス星団の全体像を知りません。その実際を知りません。
 プレアデス星団の中心星であるアルシオネを、光の帯となってドーナツ状に取り巻いているのがフォトンベルトです。
 今回の夏の特集では、このフォトンベルトが、なぜ私たちの太陽系と密接なかかわりを持つのかを、マスター・サマエルの著作「アルシオネとプレアデス星団」をもとに調べていきましょう。
 この著作の最後に原注として付け加えられている補遺には、フォトンの発見者であるポール・オットー・ヘッセ博士の論文との共通点が取り上げられているので、併せて御参照ください。
      .
 <プレアデス星団>
 今プレアデス星団について話したいと思います。私たちを照らし、命を与えてくれるこの太陽(オルス)はプレアデス星団の七番目の太陽だということを、多くの科学者と占星術師は知りません。
[プレアデス星団]
 アルシオネのまわりを七つの太陽が回転します。私たちの太陽はプレアデス星団の七番目の太陽です。親愛なる皆さん、実際そのとおりなのです。ですから私たちはブレアデス星団の七番目の太陽のまわりを回転するちっぽけな惑星の住人であり、そのことを全員に知ってもらいたいのです。
 言い換えると私たちは、プレアデス星団の七番目の太陽のまわりを回転する地球という小天体に住むプレアデス星人なのです。そこに私たち、哀れな人類は住んでいます。大地の泥の中をはいずる惨めなミミズにすぎないのに、私たちは自分たちが利口だと信じています。今、太陽アルシオネについて話さないといけないことは、きわめて重要です。
 アルシオネはかなり興味深い太陽であり、他の太陽がいくつかそのまわりを回転しています。私たちに光を与えてくれる太陽は、アルシオネのまわりを回転する七番目の太陽だと言われてきました。公式科学の学者はこれを認めないでしょうが、私たち秘教家はその偉大な太陽が意味する現実を無視しません。
 プレアデス星団は聖典、聖書をはじめ秘数的たぐいの多くの教えで引用されてきました。アルシオネはまさしくプレアデス星団の主要な太陽であり、その引力に引かれてそのまわりを七つの太陽が回転します。私たちの太陽はアルシオネのまわりを回転する七番目の太陽です。各太陽は太陽系の中心であり、アルシオネは七つの太陽系の中心なのです。
 ▲地球から観られるプレアデス星団、一番明るい星がアルシオネ。
天球図
▲アルシオネ(黄色)を中心としたプレアデス星団と黄道12宮。青色:水瓶座の星位に入ったオルス太陽系の太陽。赤色:ティラール太陽系の惑星ヘルコルブス(バーナード星)。薄い黄色で示されるのがアルシオネの環(フォトンベルト)。
      .
 <アルシオネの環(わ)>
 プレアデス星団全体は太陽アルシオネのまわりを回転しますが、この太陽は宇宙に何千光年にもわたって広がるひとつの強力なエネルギー的な環でぐるりと囲まれています。
 土星の環と太陽アルシオネの環を区別しましょう。土星の環は石、砂、流星などから出来ていますが、プレアデス星団の環は放射性があります。その太陽から外宇宙に放たれた電子は崩壊、分裂し、そのとき一種のきわめて特別なエネルギーが生じます。マナスエネルギー(マインドエネルギー)と呼ぶ著者もいます。そのような電子は一種の未知のエネルギーを解放します。もし間違って人と呼ばれる知的動物が原子を崩壊させるように電子を崩壊できたなら、大災害を引き起こす準備ができているのは明らかです。
 ユークリッドの三次元世界ばかりでなく、(カバラにおける)感情の世界ホッドやマインドの世界ネッツアーやおそらく自然の原因の世界ティフェレトというセフィロト層にすら影響が及ぶでしょう。それらの層は恐るべき被害を被るでしょう。
[放射線]
 もしある狂気じみた地球人が電子を崩壊させることができたら、核分裂で生じるエネルギーとは異なったエネルギーが発生するでしょう。水素爆弾のエネルギーや他のいかなる死の元素よりもさらに恐ろしいエネルギー・・・。幸いにも科学者はまだ電子を分裂させて、そこに閉じ込められたエネルギーを利用するまでには至っていません。
 アルシオネには、電子の分裂崩壊によって陰極線、Ⅹ線、N線とは異なった未知のタイプのエネルギーが解放される事例がいくつかあります。
 そのようなアルシオネの環は、何千光年にもわたって宇宙に放射されます。1 万年ごとに地球はその環を横切らねばならず、それゆえ地球は太陽アルシオネの環に突入する寸前にあります。環はきわめて特別な光り輝く一種のエネルギーであり、その環にいつ地球が突入する予定なのかわかりませんが、まもなく突入します。
 1962年2月4日以来、私たちの太陽系の旅はその場に危険にも近づきつつあります。1974年、長期間地球の周回軌道上にいた三人の宇宙飛行士が、すでにその特別の放射線を目撃し、そのように報告しました。未曾有(みぞう)の放射線です。ですから私の言うことは変ではなく、アルシオネの原子の火の放射線や活発な放射線が、自然界の分子を変えるようになります。
 地球を包むこの放射線は、2千年間二度と夜がなくなるはど恐ろしいでしょう。地球全体がそんな放射線に包まれ、日光はものを見るのに不必要となるでしょう。この放射線はきわめて深い洞窟さえも照らし、2千年間夜がなく、長い連続した昼だけがあるでしょう。
 動植物などの全生命の有機体は変移するでしょう。今日存在しない多くの植物、海底や岩の中やきわめて遠い山々にその胚が眠っている多くの種の動物は、放射線によって生き返り、当然の結果として生まれるでしょう。
 この出来事は1万年ごとに起こります。以前に起こりましたし、再び起こるでしょう。なぜならそれは天体の運行に従い、やむを得ず私たちの太陽系はアルシオネの環を通過せねばならないからです。
 この現象は2千年続くでしょう。アルシオネの環の放射線は、とりわけ地球の回転に影響を及ぼすでしょうが、これは地球の自転速度が減速し、結果的には太陽のまわりをさらに広い軌道で公転し続けることを意味します。地球は太陽の中心からもう少し遠くに位置するでしょう。
      .
 <極移動に伴う変化>
 極移動が起こり、実際に黄道に対して地軸が垂直になるでしょう。地軸のズレにより氷冠が溶けつつあります。それらの現象ははっきり現れています。今日、磁極は地理上の極ともはや一致しません。アルシオネの恐るべき放射線によって極のズレが早まるでしょう。
 サンジェルマン伯爵は「最初に変わるのは春と夏であろう。」と言いました。皆さんはこのことを完全に知ることができます。今年(1977年)の春はまったく春らしくありませんでした。春たけなわの時、寒さに耐えなければならなかったのと同様に、夏も典型的な夏ではありませんでした。季節が消滅する運命にあるようです。
 極の氷は溶けつつあり、アルシオネの放射線によって北極地方と南極地方の至る所にどっと広がり、赤道地帯だけが氷河期に耐えることが可能でしょう。
 新たな氷河期が到来します。地球はもう以前に別の氷河期に耐えてきましたが、新たな氷河期が到来します。先ごろのアメリカ合衆国の寒さは前代未脚でした。
 1万年ごとにその環を横切らないといけないなら、環を横切り始めるのはいつのことでしょうか。いつか突入するでしょう。もし太陽が先に入るのであれば、太陽と環の二つの放射線の産物であるものすごい暗闇があるでしょう。実際に、110時間続くその暗闇の後、流星雨のように見えるでしょう。同様に地球が先に入るなら、まるで完全に燃えているように見えるでしょう。そのように目の前でその現象が起こるでしょう。私たちの太陽系はまもなく環に突入しようとしています。今にも入ろうとしていますが、いつ入るとしても驚いてはいけません。
      .
 <物理的、心理的変化>
[太陽の放射]
 そしてそれが起こるとき、変化が生じ、物理的な物事が変わるでしょう。物質、私たちが物質と呼ぶものはだんだん放射能を帯びていき、あらゆる面でもっと光り輝いていくでしょう。人類はもっといっそう決心し、決定的な悪人たちはまぎれもない堕落の道へと突き進み、自分自身の目的を達成するでしょう。霊的再生、内心の変換のために働く人々は、内なる奥深い本質的存在の自己実現を達成できるよう、死ぬまで闘い抜くでしょう。
 こうして私たちは、何か巨大で壮大な恐ろしいものの前にいるのです。アルシオネの放射線が私たちをすっかり照らすので、2千年間、二度と日光がいらなくなるでしょう。このため自然科学が大きく変わるでしょう。自然界が一変するのは明らかで、現大陸は沈み、別の新大陸が出現したりするでしょう。
 しかしさらに、ヘルコルブス(バーナード星)が到来するでしょう。ヘルコルブスの出来事が起こる前に、地球はアルシオネの環に入ります。まさにそのとき物理的物質がいつも同じとは限らないことを理解するようになるでしょう。私たちの世界を構成するこの物理的物質が、いつの時代でも同じ数学的公式を持っていたと考えるならば、それは完全に間違っています。ポーラー時代、ハイパーポーリアン時代、レムリア時代、アトランティス時代においてそれは違っていました。今アルシオネの環を構切るとき、物理的物質の数学的公式は完全に変わるでしょう。
 その結果、今日の薬用成分はもはやすべて役立たないでしょう。植物の化学的処理に使われる公式〔植物のお決まりの化学的処理法〕は無用となるでしょう。最近の現代化学で教えられていることはみな、アルシオネの放射線の中に入るとき、化学式が変わるため無意味になるでしょう。多くの人々は放射線に耐えきれずに死ぬでしょう。
 物理的物質はさらに放射性を帯び、もっと燐光を発するでしょう。鉄、燐、カルシウム、銅、窒素、炭素、澱粉などの分子は放射線のために完全に変わってしまうでしょうが、皆さんおわかりのように、これは物質が変化するということです。
 分子や生物学などに新しい数学的公式ができるので、現在のあの際限のない教義はすっかり駄目になるでしょう。
      .
 <意識革命とバランス>
 大きな変化が迫っていることを皆さんに理解してもらいたいのです。大きな淘汰が始まりました。全地球人類が、未来の世界に出現する未来の偉大な第六人種の種人に向くとは限りません。
[新芽]
 そのとき(心ある人々は)真理を知ることを実際に気にかけ、自分自身の中に真理を本当に探究せねばならないことを知るでしょう。単なる信念だけでは、真理を把握することも知ることもないからです。(多くの人々は)ただ真理を信じているだけで、一度もそれを体験したことはありません。極右と極左の狂信者は真理を知りません。真理を知る必要があり、私たち自身をもっと知って、はじめて真理を知ることができます。知るためには自己を探究する必要があります。(*)右派や左派の思潮の支持者になっても駄目です。私たちの役に立つのは真理だけであり、自己を探究し、徹底的に全面的に完全に自分を調査研究して、はじめてこれが可能となります。
 (*) 唯物主義者の拠り所は「物質」であり、唯心論者の拠り所は「精神」です。どちらもそのことを確信していて、その神を持っています。一方は精神という神、他方は物質という神で、めいめいがその神を持ちます。そのように現代、私たちは二つの明確な思潮の前にいます。どちらが正しいのかそれはまだ解明されていません。まったく本当に、親愛なる皆さん、それぞれ全員が正しく、まさにひとりひとりが世界であり、右派も左派も正しいのです。・・・左派は物質という神を崇拝するにもかかわらず、物質を知らず、右派は精神という神を崇拝するにもかかわらず、やはり精神を知りません。右派と左派どちらも互いに補足し合って完全なものとなります。
 人体の中に科学者の知らないものがあるのは明らかです。しかし皆さんに言ったように、第四垂直線のベールが破られ始め、すでにスタートした水瓶座時代にこの研究が大いに進むことを私は確信しています。明らかに、すぐに実現する出来事の前に今私たちはいるのです。
 水瓶座時代がスタートしましたが、あらゆるマインドがざわめきだし、みんなが何か高等なたぐいのものを知りたいと願ってます。
 観念形態(イデオロギー)の実験があります。たとえば催眠状態にある人がトランスに入っている間、これこれの場所で次々と起こっている出来事や事件を報告することができました。調べてみると、現実と一致していることが突き止められたのです。なぜ催眠状態にある被術者が、地球上の遠隔地、それどころか監視しやすい、それはど遠くない場所で起こっている出来事を報告できるのですか。唯物弁証法の狂信者はそれをどう説明するのですか。しかしながら、そんなことありません。
 こうして唯物論には実質の否定的な部分つまり物質と呼ばれるものがあります。物質を研究するのは義務ですらあります。唯物弁証法に対して異議を唱えるのは馬鹿げているので、そんなことはしません。
 自動車や飛行機などの生活必需品の創造には物質が必要です。唯心論の思潮に対しても異議を唱えているのではありません。もし私が唯物弁証法の狂信者に向かって話をするとすれば、そこにはただ一つの目的しかありません。つまり人生には陰極と陽極という二つの極があり、どちらも存在し、どちらも科学的に証明できるし、どちらも正しい----これらを彼らに理解させることです。ですからまさしく本当に右派にも左派にも反対しているのではなく、私たちノスティックは真ん中の道、意識革命の道を行き、それだけのことです。右派や左派の人々には解明できない謎を徹底的に断固として調べていこうではありませんか。
      .
 <補遺>
 パウル・オットー・ヘッセがドイツ語で著した「最後の審判の日」のアルシオネに関する話を追加せねばならないと思います。それに関してヘッセはこう言っています。
 私たちの惑星系はプレアデス星団系の一部を形成します。プレアデス星団系はアルシオネのまわりを回転する六つの太陽ばかりか、アルシオネのまわりの七番目の軌道を占める私たちの太陽からなります。私たちの太騒系はその軌道を約2万4千年かけて一巡しますが、それぞれ1万2千年の二つの期間に分けられます。そのうち2千年は光に属し、1万年は暗闇に属します。
 そしてヘッセの主張するところによれば、現在のところ暗闇の1万年の最後を私たちは生きつつあり、それゆえ間もなく光の2千年に入るでしょう。アルシオネの周囲には、その七つの太陽系の太陽の軌道面を構切るようにして、巨大な環つまり放射線の円盤があり、その円盤の影響範囲は何百光年にも及ぶとヘッセは述べます。そのように太陽はめいめい、いつかその環つまり放射線の円盤を横切らざるを得ません。各太陽の速度は異なるため、環を通過するのに時間がかかります。私たちの太陽の場合、放射線の円盤を横切るのにおよそ2千年かかります。
 その円盤または環はヘッセによれば、科学者には今のところ知られていない崩壊分裂した電子で出来ているといいます。

 地球がオルス太陽系の構成員としてその放射線に突入する際、実在体すべての分子や原子はみな励起され、予想できないほどの変化に見舞われるでしょう。最も注目すべきことは、分子が励起されることにより、熱くない一種の恒久的な光、影をつくらない熱のない光が創造されることです。したがって、きわめて深い洞窟にも暗闇が存在しないでしょうし、当然、人間の内側にも暗闇がなくなるでしょう。
 地球が放射線にもろに突入してから、全くすべて物質は内外とも影をつくらず輝くでしょう。このため生命の表現はことごとく一変するでしょう。栄養満点のとても美味しい前代未聞の植物が現れるでしょう。
 ヘッセによれば、これは1万年ごとに昔からずっと起こっていることであり、地理や生命を変えた氷河期やその他天変地異のような一般の常識を超えた多くの現象は、これで説明がつきます。こうして、見たところアルシオネの環はすばらしい恩恵を私たちにもたらしてくれますが、少なくとも最初のうちは大災害も引き起こすでしょう。
 そのうえヘッセはこうも言います----土星自体とその惑星系にふさわしく、土星の環は小規模で次元と広さは限定されているという違いはあるものの、アルシオネ星の環は外形上、土星の環と比較できます。それに関して、土星の環は塵や岩石(いくつかの小惑星)から出来ているが、その一方でアルシオネの環は数百光年かまたは多分数千光年もの広がりを持ち、マナスエネルギーで出来ていると言い張ります。
 ヘッセによると、1962年以降、私たちの太陽はアルシオネのマナス的円盤にちょうど入ろうとするところですが、その正確な瞬間は予測不可能です。それほど重大な現象が迫っていることから、UFOの存在もその絶えまない神秘的な旅行もじゅうぶん納得がいきます。なぜなら私たちの太陽系全体に起こるその大事件を科学的に研究すれば、きわめて興味深いのは当然だからです。
 現代科学がその環の実在を仮説としてすら認めるはずがなく、アルシオネ星を中心とする星系に、私たちのオルス太陽系が属することも認めるとは考えられません。ですから聖書が述べるのと同じように、人類はそのことを驚異とみなすでしょう。
 パウル・オットー・ヘッセはこう言います。「もし地球が太陽より早く環に入るなら、空と地球全体の火事に似た大気現象が起こるでしょう。暑くはなく、誰にも害はないでしょう。なぜなら視覚や感覚にとって一つの現象にすぎないからです。もっとも確かに、最初から物質に変化が観察され、発光するように、おそらく燐光を発するように見えるでしょうが。一方、太陽が最初に環に入る場合、流星雨と共に地球には夜のように暗闇が生じ、それが約110時間続くでしょう。それから地球は前述の現象に見舞われ、2 千年間たえず昼の光が続くでしょう。今話している暗闇は、マナスの環との接触で太陽放射がこうむる突発的な変化の結果でしょう。
 二つ目のケースの流星雨は、大気中で分子が異常に励起された結果でしょう。永久に( 2千年)続く昼は、放射線そのものの結果であり、昼の光はもはや太陽に依存しなくなるでしょう。
 起こりそうな現象として考えられるのは、地球に対する太陽の引力が変化する際、地球の自転速度がしだいに遅くなることです。日はもっと長くなり、その結果、地球の軌道は大きくなり、一年はもっと長くなるでしょう。ヘッセの主張によれば、マナスの放射線は温度のない光なので熱がなく、影もつくりません。太陽光線が変化するので、そのとき全世界が寒くなりだすでしょうが、極地方がいちばん敏感に反応し、それが氷河期の開始となり、その氷は少なくとも北緯40度まで、同じく南韓40度に到達し、住むに適した温帯としてエクアドル付近が残ります。
 しかし地球がマナスエネルギ一に満ちた環に突入するため、赤道は今とは異なり、黄道に関して垂直になるように極軸の傾きは多分急変するでしょう。レムリア時代やアトランティス時代に今の傾きを地軸にもたらしたのと同じ現象のようです。
 もちろん既に知られているように、氷河期が地球に周期的に突然やって来たことを現代科学は発見しました。しかし、これまでのところ同じ科学はその原因や理由を発見していません。つまり原因ではなく結果を発見したのです。したがって何度も触れた環と惑星ヘルコルブスが地球に及ぼす引力とで十分説明がつくでしょう。(太陽の石アステックカレンダー参照。)

サマエル・アウン・ベオールの「アルシオネとプレアデス星団」からの抜粋

http://www31.ocn.ne.jp/~gnosisjp/japanese/05MAY.html

http://rirateraera.blogspot.jp/2013/10/blog-post_5521.html

終末予言 - 黙示録の四騎士


2014年1月27日月曜日

S4#34 世界終末説


終末予言 - ホピ族の青い星


S3#30 秘密の暗号


暗号解読 ・ 自由の女神に隠されたメッセージ


暗号解読 ・ アメリカのストーンヘンジ


潜入調査!バチカン市国


フリーメイソン アメリカ極秘文書の謎


暗号解読 ・ アメリカの秘密結社


2014年1月26日日曜日

Planet Nibiru to pass Earth by August 2014


Will This Be Earth After The Polar Shift?


Pole Shift - Evidence of Earth's Axis Shifting


Pole Shifts Growing Evidence for Catastrophic Shifts Past and Present


Nibiru Planet X: 3D Planet Earth after Pole Shift


東海地震は本当に切迫しているのか


地震の前兆現象は科学的に説明できる


真の地動説とはポールシフトのことである


宮古港に押し寄せる津波


松川浦に押し寄せる津波 【視聴者提供映像】


野田村・下安家漁港に押し寄せる津波 【視聴者提供映像】


【手ブレ補正】東日本大震災・津波 岩手県宮古市 (宮古市役所)


大船渡市街地に押し寄せる津波 【視聴者提供映像】


気仙沼市街地に押し寄せる津波


東日本大震災 南三陸町歌津字伊里前壊滅の瞬間


東日本大震災 NHK 地震発生から北海道津波到達まで


東海大地震発生の脅威とシミュレーション


超常現象マル秘Xファイル~2013年 最強の予言者 静岡に60メートルの津波が来る?  M10の地震かな?・・・・・・・・


平成関東大震災は M8以上の巨大地震になる


巨大地震は必ず来る!⑤


巨大地震は必ず来る!④


巨大地震は必ず来る!③


巨大地震は必ず来る!②


巨大地震は必ず来る!①


【ヴァイキングの予言】「2014年2月22日に世界の終わりがやってくる」


【関東大地震の前兆か!?】関東で赤い月を激写!


【緊急予言】バシャールが語る、新時代への3つの予言


【ついに日本崩壊か!?】超有名予言者ロンバードが、近いうちに日本の大災害が襲うと警告!


巨大地震の予知 スロークェイク & 電離層の異常


超常現象マル秘Xファイル~2013年 最強の予言者


2014年の予言 ~ Steve Rother (Lightworker.com)


English-subtitled #TaroAso's Nazi remarks 日英字幕付き・麻生副総理の「ナチス憲法」発言の音声


◆【特定秘密保護法】なぜこんな焦っているのかを考えなければならない 2013/12/06


◆佐藤優:特定秘密保護法&NSCは『戦争を決めるため』 暴走する政府・・・これは本当にコワイ!


【特定秘密保護法案】米は日本を民主主義国として扱わなくなっている/インタビュー:孫崎享氏(元外務省国際情報局長)


チャンネル桜ユダヤ問題討論2『米中結託 グローバリスト・ユダヤ金融資本家 世界統一政府 ロックフェラー、ロスチャイルド』


チャンネル桜 ユダヤ問題討論1 『0.1%のド金持ちユダヤ人VS普通の国民七割』


【核武装議論】グローバリズムは21世紀の共産主義!ウォールストリートはロシア革命を支援してきた


グローバリズムの罠 国難の正体 馬渕睦夫


ユダヤ革命「21世紀の共産主義」 渡部昇一×馬渕睦夫【チャンネル桜】


神々からの警告(2)〜太陽フレアの危機 竹下雅敏(12/11/29)


神々からの警告 ... 巨大地震、経済崩壊、人類の未来について(竹下雅敏)


神々からの警告 ... 巨大地震、経済崩壊、人類の未来について(竹下雅敏)


超常現象マル秘Xファイル~2013年 最強の予言者


出口光&道幸武久 スペシャル対談(3) ~超個人と氣脈の時代


出口光&道幸武久 スペシャル対談(2) ~超個人と氣脈の時代


出口光&道幸武久 スペシャル対談(1) ~超個人と氣脈の時代


出口王仁三郎の『霊界物語』大預言! ムーの基礎知識2013年9月号


★大霊界のルーツ★出口王仁三郎


「一度死んだ女性が見たもの」ザ!世界仰天ニュース


2014年1月25日土曜日

死後の世界 アンビリーバボー(+ 再生リスト)


たった1日で体外離脱できた方法!【不思議×おもしろ 研究所】


異次元を旅するサラリーマン まるの日圭さん


アセンション体験者が語る、5次元の仕組、5次元はどこか?


異次元は存在する(リサ・ランドール)


11次元の膜宇宙


宇宙最前線~137億年の謎~ ダークマターの正体


[ScienceNews]ヒッグス粒子発見後の宇宙物理学研究


ヒッグス粒子とは わかりやすい解説2/2 「質量の起源」ノーベル賞有力 東大研究チーム


ヒッグス粒子とは わかりやすい解説1/2 「質量の起源」ノーベル賞有力 東大研究チーム


ホーキング博士「膜宇宙論」 Part 5


ホーキング博士「膜宇宙論」 Part 4


ホーキング博士「膜宇宙論」 Part 3


ホーキング博士「膜宇宙論」 Part 2(+ 再生リスト)


ダークマター(暗黒物質)2010(+ 再生リスト)


脳の迷信 ~脳科学研究現場から見たブームの落とし穴~


謎の暗黒物質(ダークマター)を探れ!


「身心一体科学で120歳まで元気に生き生きと」サイエンスカフェ


第28回北天満サイエンスカフェ 高橋成人先生の放射能の話 6


第28回北天満サイエンスカフェ 高橋成人先生の放射能の話 5


第28回北天満サイエンスカフェ 高橋成人先生の放射能の話 4


タイ警察、選挙期間中は延べ13万人配備


エジプト・カイロ中心部で爆連続弾テロ、6人死亡70人けが


ウクライナ デモ激化で野党側が攻勢強める


第28回北天満サイエンスカフェ 高橋成人先生の放射能の話 3


第28回北天満サイエンスカフェ 高橋成人先生の放射能の話 2


第28回北天満サイエンスカフェ 高橋成人先生の放射能の話 1


東北大学サイエンスカフェ 第46回(+ 再生リスト)


パソコンで出来ること、スパコンでなければ出来ないこと(+ 再生リスト)


スーパーコンピュータ「京」の開発


電子を操り未来のコンピュータを作る


ユビキタス情報社会の基盤となる新機能素子をめざして


京都大学 全学共通科目「振動・波動論」前川覚教授 第1回講義2012年4月13日


「人間万事塞翁が馬」 京都大学iPS細胞研究所所長 山中 伸弥 教授


世界経済危機とアメリカ帝国の崩壊/対談


神と仏の精神史


先端電子材料学01


最終講義(2009年度)今井憲一 理学研究科教授


哲学基礎文化学ゼミナールII 5月7日林誓雄講師


哲学基礎文化学ゼミナールII 5月7日林誓雄講師


哲学基礎文化学ゼミナールII 5月7日林誓雄講師


西垣通 東京大学最終講義「ラ・マンチャの情報学者」2013-03-06