2015年11月24日火曜日

How to Make the Best ORMUS: AAA Method; Cheap, Simple, and Highly Effective


How to Make the Best ORMUS: AAA Method; Cheap, Simple, and Highly Effective


How to make Ormus


A brief animation of David Hudson's theory of ormus.


David Hudson | ORMUS Conference Enota 2011 [FULL VIDEO]


[Full] Lost Secrets of the Ark The Real Power of GOLD~ Laurence Gardner


Zptech - White Powder Gold Secrets Revealed


ORMUS

















ORME
オーム


Updated -- 29 August 2011
更新されます-2011年8月29日
The ORME -- related to Star Fire, and also known as The Philosopher’s Stone, the Elixir of Life, the White Powder of Gold, Ma-na or Manna, even potentially Morning Dew -- is also an acronym for “Orbitally Rearranged Monoatomic Elements”.  The phrase was coined by David Radius Hudson, who has done an enormous amount of research on the subject (of which he has in turn shared with thousands of others).   The word ORME -- perhaps coincidentally, or perhaps not -- is the same as the Hebrew word which means: the “Tree of Life”. 
ORME-哲学者が石、不老不死の霊薬、金のホワイト粉、マナまたはマナ、潜在的に朝の露さえ ― 「軌道的に再編成されたMonoatomic要素」の頭字語でもある ― 星の火に関係があって、そのうえ知られています。フレーズはデイビッド・ラディウス・ハドソンによって造り出されました。そして、その人は主題(彼が何千もの他と順番に分担した)の莫大な量の研究をしました。   語ORMEおそらく偶然にも、または、おそらく--以下を意味するヘブライ語の語と同じである「命の木」。   


However -- and this is an important "however" -- with regards to the ORME (as well as the ORMUS, White Powder of Gold, Philosopher’s Stone, Elixir of Life, Food of the Gods, Star Fire, the Ark of the Covenant, Alchemy, Secrets, Transmutation, Biological and otherwise, and, of course, giving my regards to Broadway), there is a new kid on the block, a new development that really must be noted. It is The Book of Aquarius, a delightful treatise on The Great Work of Alchemy. Inasmuch as The Great Work is ultimately attaining the same abilites as from the ORME, but from a wholly different approach, both avenues need to be explored.
しかし-そして、これはそうであります重要な、「しかし」-ORME(ORMUS金のホワイト粉賢者の石、不老不死の霊薬、神の食物と同じくらいよく、火、契約の箱舟錬金術秘密変化生物製剤やその他を主役にしてください、そして、もちろん、ブロードウェーによろしく伝えて)に関して、新参者(本当に注意されなければならない新しい発展)がいます。それは、水瓶座(錬金術のすばらしい業績に関する楽しい論文)のブックです。 すばらしい業績がORMEより同じabilitesを最後に達成しているので、以外まったく異なるアプローチから、両方の通りは調べられる必要があります。
Halexandria gets a LOT of questions on these subjects involving where do I get it, how do I make it, whose stuff is better, and is this the Way to San Jose? Suffice it to say, no discussion of the The Great Work is really going to be complete without a pit stop at this link.
Halexandriaはこれらの主題についての質問のLOTを含むようにしますどこで、私が手に入れます、どのように、私がたどり着きます、誰のものがガツガツ食うかはよりよいです、そして、これはサンノゼへの行き方ですか?こう言えば十分だが、議論大王、仕事は本当にこの関連でピットストップなしで完了していそうです。
The ORME represents a huge subject area, involving state-of-the-art chemistry, physics, and physiology, interpretations of Sumerian, Egyptian and other histories (the Anunnaki, Gods and Goddesses of the Ancient World, the Adams Family, “Prime Directive” Violations, Chronicles of Earth, etc), philosophy, Sacred Geometry, the Tree of Life and Ha Qabala -- to name only the more obvious connections.  In many respects, the ORME is the connecting link between all of these subjects -- as well as a whole list of other subjects not mentioned.
ORMEは、巨大な従属する地域、最新技術の化学、物理学と生理学を含むこと、シュメールで、エジプトで、他の履歴(Anunnaki神と古代世界、アダムズ家、「主要な指令」違反地球年代記、その他の女神)の解釈、哲学、神聖な幾何学を意味しますライフのトリー、そして、Qabalaではあります-より明らかな接続だけを挙げること。多くの点で、ORMEはこれらの主題 ― 記載でない他の主題の全部のリストだけでなく ― の全ての接続させる関連です。  


Included in the above links to other web pages should be added one to the Halexandria Forums, where in particular the article by Barry Carter should be noted. (7/20/08)
Halexandriaフォーラム(特に、バリー・カーターによる記事は注意されなければなりません)への更なるものは、他のウェブ・ページへの上記のリンクに含まれなければなりません。(7/20/08)
The Chemistry and Physics of Monoatomic Elements, describes the characteristics of those elements which have come to be known as the “Precious Metals”. These eight metals include: ruthenium, rhodium, palladium, and silver (known as the “light platinum group”), osmium, iridium, platinum, and gold (known as the “heavy platinum group”). 
Monoatomic要素の化学と物理学は、「貴金属として知られているようになったそれらの要素の特性を記述します。これらの8つの金属は以下を含みます:ルテニウム、ロジウム、パラジウムと銀(「軽い白金族」として知られる)(オスミウム、イリジウム、プラチナと金(「重い白金族」として知られる))。   
These eight Transition Group elements, can in a monoatomic, superdeformed, high spin, and low energy state, lose their chemical reactivity and metallic nature -- thereby resulting in a state of Superconductivity -- a resonant condition complete with Meissner magnetic field(s), Cooper Pairs, and electrons which have literally changed into light (i.e. photons).  These precious metals have the unique ability to remain stable in the monoatomic form, which can then lead to effects ranging from Levitation (weight losses) to Zero-Point Energy applications to fundamental biological and/or human physiological effects.
これらの8つの移行グループ部隊モノ原子、スーパー歪んだ、高い回転の缶と低いエネルギー状態)は彼らの化学反応性と金属的性質を失います-それによって超電導の状態に終わります-反響する状態がマイスナー磁場、クーパー対と光(すなわち光子)に文字通り変わった電子を完備しています。これらの貴金属にはモノ原子形で安定なままの独特の能力があります。そして、それから、それは空中上昇(体重減少)から基本的な生物学的および/または人間の生理的影響への零点エネルギー適用にわたっている影響に至ることができます。  
Of particular importance is the fact that all of these precious metals have a strong affinity for and are almost always found in their natural state in combination with gold.  Gold, in turn, has a history of being the most precious of all commodities -- a “spiritual tradition” which has survived countless generations!
これらの貴金属の全てが強く好きで、金と結合して彼らの自然州でそれをたいてい見つけられる事実は、きわめて重要です。金には、次に、すべての必需品 ― 無数の世代を生き残った「精神的な伝統」 ― で最も貴重だった経歴があります!  
For example, the second chapter of the Book of Genesis (King James version), describes the creation of the heavens and the earth, its population with plants, animals, and herbs, the creation and installation of man in the Garden of Eden, and the appearance from out of the ground of the Tree of Life and the Tree of Knowledge of Good and Evil.  The Bible then quickly informs us that thar’s gold in them thar hills!  “And the gold of that land is good; there is bdellium and the onyx stone.”  [Genesis 2-12]
たとえば、創世記(キング・ジェームズ版)のブックの第2章は天と地球の創造、植物によるその人口、動物を記載します、そして、ハーブ、創造とエデンの園と出演の人の設置がライフのトリーと善悪についての知識のトリーの地面からからあります。それから、聖書は、タールが彼らの中の金であることを我々に速く知らせますタール丘!「そして、その土地の金はよいです;デリアムとオニキス石があります。」[創世記2-12]
On the scale of creating heaven, earth, Eden, mankind, and so forth, why is gold suddenly such a priority?  If the science of the ORME is correct, gold, along with Rhodium and Iridium (and potentially the other precious metals) may in fact be the Tree of Life.  [Note that in this connection Genesis 2:5 - 2:25 is considered to be from an earlier source than Genesis 1:1 - 2:4, and thus may be alluding to a deeper meaning.]
天国、地球、エデン、人類などをつくるスケールで、なぜ、金は突然そのようなプライオリティーですか?ORMEの科学が正しいならば、金はロジウムとイリジウムに加えて(そして、潜在的に他の貴金属)実際ライフのトリーである場合があります。[2:5にこの接続創世記において-2:25が1:1に、創世記より初期のソースからであると考えられることを注意します-2:4、そして。このように、より深い意味について触れているかもしれません。]  
Alchemy books talk about “the White Powder of Gold”, the Food of the Gods -- a substance derived from yellow gold, but which has been transformed into a white powder upon reaching its monoatomic state.  This is the same form, and may be equivalent to the same process by which Hudson found all eight of the monoatomic precious metals. 
錬金術本は「金の白い粉」(の食物)について話します-物質はイェローゴールドから得て、しかし、そのモノ原子状態に達すると、即座に、白い粉に変わった。これは同級で、ハドソンがモノ原子貴金属の全8つを見つけた同じプロセスに等しい場合があります。 
 For the alchemists, “The Master Work” was to prepare the Elixir of Life (bdellium?) and The Philosopher’s Stone (onyx stone?) -- or in more anecdotal, traditional terms, transmute lead into gold.  [The latter is more likely a diversionary fabrication to mislead those with less lofty ambitions, and who have not been initiated into the Mystery.] 
錬金術師のために、「マスター業績」は不老不死の霊薬を調合することになっていました(デリアム?)、そして、賢者の石、(オニキス石?)-または、より逸話的な、伝統的な期間には、鉛を金に変えてください。[後者は、よりたぶん、のっぽが熱望する、そして、ミステリーに引き入れられなかったより少ないもので人々を誤解させる陽動作り事です。]   
In the quest to accomplish this noble work, the alchemists of old taught that the key to success was to “divide, divide, divide...”  The implication of this advice is that only in freeing the atoms of an element from the confines of its crystalline-like metallic structure of many atoms of the same or diverse elements, could one hope to achieve the alchemists’ esoteric goal.  In effect, the alchemists were apparently attempting to reach the monoatomic form of the gold and the other precious elements -- even if they might not have described the process as such. 
この立派な仕事を達成するための探求に、昔の錬金術師は、それに成功の鍵があると教えました「分かれて、分かれて、分かれてください...「このアドバイスの意味は、同じであるか多様な要素の多くの原子のその結晶質ののような金属的構造の範囲から原子を要素から解くことでのだけそれです、人が錬金術師の難解なゴールを達成することを望むことができました。実質的に、錬金術師は明らかに、金と他の貴重な ― たとえ彼らがそのようにプロセスを解説しなかったかもしれないとしても ― 要素のモノ原子形に達しようとしていました。   
Hudson has also connected the ORME with the Hebrew tradition of the Ma-Na or Manna -- also thought to be the White Powder of Gold.  Curiously, manna means literally: “What is it?”  This phrase is found repeated over and over again in The Egyptian Book of the Dead, The Papyrus of Ani [1].  The historical and philosophical implications thus include the ORME as part of the Melchizedek priesthood and the metallurgical foundry at Qumrun, where the Essenes were located.  (The Essenes are described in [2])
ハドソンは、ORMEもママ-Naまたはマナ ― また、金のホワイト粉であると思われる ― のヘブライ語の伝統とつなぎました。奇妙なことに、マナは文字通り以下を意味します:「何ですか?」、このフレーズは、エジプトの死者の書(アニ[1]のパピルス)で何度も何度も繰り返されるのを発見されます。歴史と哲学の含みはQumrunでメルキゼデク聖職と冶金の製造工場の一部としてORMEをこのように含みます、そこで、エッセネ派は所在しました。(エッセネ派は[2]で記述されます)  
Other references include the mixture of the white powder of gold in water as being “that which issues from the mouth of the creator”, “the semen of the father in heaven”, and The Golden Tear from the Eye of Horus.  Hudson believes that Moses knew the secrets of making the ORME, and that the Ark of the Covenant was merely a container for the ORME.  As a volatile, superconducting, electrical device, the ORME’s presence within would explain the incredible properties of the Ark; from levitation to “blasts of heavenly displeasure.”  Later in the Escene tradition, the white powder of gold began being referred to as the “teacher of righteousness”, something which was swallowed and taken internally.
他の引用は、ホルスの目からの作者の口から出るそれ」、「天国の父の精液」とゴールデン涙でありながら、金の白い粉の混合物を水に含みますハドソンは、モーゼがORMEを作る秘訣を知っていた、そして、契約の箱舟が単にORMEのための容器だけであったと思っています。不安定な、超伝導、電気装置として、ORMEの存在は、箱舟の驚くべきプロパティを中で説明します;空中上昇から「天国のような不快感の爆風」まで「。」、Escene伝統の後期に、金の白い粉は、「正しさの先生」(のみこまれて、内部的にとられた何か)と呼ばれ始めました。  
[This latter point emphasizes the point of approaching spiritual practices, including eating (as in the Theory of Eating), with a profound sense of being in the presence of divinity.]
[点が、神学部が認められる場合、ある深い意味で、食べる(食べる理論の場合のように)ことを含む精神的な実行に近づいて点を強調するこの後者。]  
With respect to the Ark, Laurence Gardner ’s book, Lost Secrets of the Sacred Ark [3] is a brilliant expositon about the “amazing revelations of the incredible power of gold”, and gold’s inimate association with the Ark of the Covenant.  Combined with his earlier book, Genesis of the Grail Kings [4], a great deal of information can be obtained.  For anyone new to the subject, these two books are ideal reading (beginning with Grail Kings).
箱舟に関して、ロレンス・ガードナー、『s本、「金の驚くべき力の驚くべき暴露」と契約の箱舟との金のinimateな関係についての素晴らしいexpositonは、神聖な箱舟[3]の秘密を失います』。彼の以前の本と結合されて、聖杯王[4]の創世記は、情報の大いに得られることができます。主題にとって新しい誰にとってでも、これらの2冊の本は、理想的な読書(聖杯王から始める)です。  
The astounding result of combining the theories of the Anunnaki and the ORME lead to the almost inescapable conclusion that the Anunnaki’s purpose on arriving on Earth was to acquire the monoatomic elements for the purpose of ingesting them and thus being able to lead long lives.  It is noteworthy that the first attempt by the Anunnaki to obtain gold was extracting it from sea water, specifically the upper reaches of the Persian Gulf where the Tigris and Euphrates Rivers meet.  According to Hudson, the primary form in which gold occurs in sea water is in its monoatomic state.
Anunnakiの理論を結合する仰天するほどの結果とORMEは、地球に到着することのAnunnakiの目的が彼らを摂取して、このように長い生活を送ることができる目的でモノ原子要素を得ることであったというほとんど避けられない結論に至ります。金を得るAnunnakiによる最初の試みがそれを海水(特にチグリス川とユーフラテス川リヴァーズが会うペルシャ湾の上流)から抽出していたことは、注目に値します。ハドソンによると、金が海水で起こる主要な形は、そのモノ原子州にあります。  
From the perspective of Earth, numerous scholars [including Zecharia Sitchin, Laurence Gardner, and others] have concluded that:
地球の展望から、多数の学者[ゼカーリア・シッチンロレンス・ガードナーその他を含む]は、以下を終わりました  
·        Extraterrestrials from the planet Nibiru came to Earth,
·        惑星Nibiruからの地球外生物は、地球に来ました、
·        Their primary purpose was to mine gold and precious elements,
·        彼らの主な目的は、金で貴重な元素を採掘することでした、
·        They created mankind in order to have someone to work the mines,
·        彼らは、鉱山を耕す誰かを持っているために、人類をつくりました、
·        They provided the rudiments of civilization to their workers to control them,
·        彼らは、彼らをコントロールするために、文明の基本を労働者に提供しました、
·        They also provided the ORME’s natural, organic equivalent, Star Fire, to selected individuals (i.e., the kings and patriarchs, aka the local mid-level managers), and
·        彼らも、選ばれた個人(すなわち、王と家長(別名地元の中位のマネージャー))に、ORMEの自然な、有機等しい、星の発射を提供しました、そして、
·        They gave the knowledge of the ORME’s importance, as well as the method by which it could be made and taken internally by the individual, to this same very limited, elite group of human beings (thus accounting for their extraordinarily long lives, and the claims of superiority of Kings, Queens, Monarchs, and Aristocracy).
·        彼らは、人間(このように、彼らのとても長い命と王、クイーンズ、君主と上流階級の優勢の主張の原因ののこの同じ非常に限られた、選り抜きのグループに、ORMEの重要性(それが作られることができて、個人によって内部的にされることができた方法だけでなく)についての知識を伝えました。  
Prior to the human use of the ORME, the kings had access to Star Fire, essentially the menstrual blood of the “goddesses” of the Anunnaki.  Because of the long lives of the Gods and Goddesses -- due to their ingestation of the ORME and possibly genetic factors as well -- this simple infusion of the goddess menstrual blood was more than sufficient to extend the lives of ordinary human beings.  Keep in mind that the Anunnaki, the Gods and Goddesses of mythology, may have lived for hundreds of thousands of year!
ORMEの人間の使用の前に、王は星の火事(基本的にAnunnakiの「女神」の月経血)にアクセスしました。神と女神の長い命のため-同様にORMEとおそらく遺伝要因の彼らのingestationのために-女神月経血のこの単純な注入は、普通の人間の命を広げるのに十二分に十分でした。Anunnaki(神と神話の女神)が数十万年のためにも生きたかもしれないことを心にとめておいてください!
Laurence Gardner [4] wrote: “It was from the milk of Hathor that the pharaohs were said to gain their divinity, becoming gods in their own right.  In more ancient Sumerian times, during the days of the original Star Fire ritual, the bloodline kings who were fed with the hormone-rich lunar essence of the Anunnaki goddesses were also said to have been nourished with their own milk -- notably that of Ishtar. 
ロレンス・ガードナー[4]は書きました:「ファラオが彼らの神学を得ることが言ったのは、ハトルのミルクからでした。そして、右の神になる。より古代のシュメールの時間に、最初の星の火儀式の日の間、Anunnaki女神のホルモンの豊富な月のエキスを食べた血統王は、彼ら自身のミルク ― 特にイシュタルのそれ ― で育てられたとも言われました。   
Gardner also suggests that “this milk contained an enzyme that was especially conducive to active longevity -- and this was very likely the enzyme that genetic researchers have called telomerase.”  This enzyme apparently has unique anti-aging properties, but apart from being present in malignant tumors and reproductive cells, telomerase is not normally expressed in body tissues.  “It seems, therefore, that somewhere within our DNA structure is the genetic ability to produce this anti-aging enzyme, but the potential has somehow been switched off.”
「このミルクは特に活発な長命の助けになった酵素を含みました-そして、これはたぶん、遺伝子の研究者がテロメラーゼと呼んだ酵素でした。」と、ガードナーもそれに示唆します、この酵素はユニークな老化防止の所有物を明らかに持っています、しかし、悪性腫瘍と生殖細胞に存在することは別として、テロメラーゼは通常体組織で表されません。「したがって、だいたい我々のDNAの範囲内で、構造がこの老化防止の酵素を生産する遺伝子の能力であるようです、しかし、可能性はどうにか、スイッチを切られました。」  
[Which would also imply the ability to switch it back on again!]
[そしてそれは、再び後ろにそれのスイッチを入れる能力も意味します!]  
After the flood, there appeared to be less availability of the Star Fire (or the ORME).  Then, around the time of Abraham, the Star Fire became totally unavailable, and the patriarchs from Abraham to David saw their ages diminish to the point that David only lived what might be considered a normal life span.  In contrast to the later patriarchs, however, the lifespans of the Sumerian kings in descent from Ar-wi-um (Cain) and Etana continued at a generally high level.  This was apparently accomplished by the substitution of the ORME for the Star Fire, but in this case only if you were a devotee of Enki -- as opposed to Enlil, who had cut off his disciples (including Abraham, et al).
洪水の後、星の火(またはORME)のより少ない入手可能性があるように見えました。それから、エイブラハムの時間ごろ、星の火は全く利用できなくなりました、そして、エイブラハムからデイビッドへの家長は彼らの年齢がデイビッドが通常の寿命と考えられるかもしれないことを送るだけだった点に減少するのを見ました。しかし、後の家長と対照的に、Ar-wi-um(カイン)とエタナからの降下のシュメールの王の寿命は、一般に高いレベルにとどまりました。あなたがエンキのファンである場合だけ、これは星の火のためのORMEの置換によって、しかし、この場合明らかに達成されました ― Enlil(彼の弟子(エイブラハムほかを含む)を遮りました)とは対照的に。
 The ORME’s Modern Possibilities
ORMEの現代の可能性  
The alchemists Lapidus and Eirenaeus Philalethes have said: “The Philosopher’s Stone is no stone, but a powder with the power to transmute base metals into gold and silver.”  They go on to claim:  “The stone which is to be the transformer of metals into gold must be sought in the precious metals in which it is enclosed and contained.  It is called a stone by virtue of its fixed nature, and it resists the action of fire as successfully as any stone -- but its appearance is that of a very fine powder, impalpable to the touch, fragment as to smell, in potency a most penetrative spirit, apparently dry, and yet unctuous, and easily capable of tingeing a plate of metal.  The stone does not exist in nature, but has to be prepared by art, in obedience to nature’s laws.  Thus, you see our stone is made of gold alone, yet it is not common gold.”
錬金術師ラビダスとEirenaeus Philalethesは、以下のように言いました:賢者の石は、石でなく、しかし、卑金属を金と銀に変える力による粉です。」と、彼らは主張し続けます:「金への金属のトランスであることになっている石はそれが囲まれて、含まれる貴金属で捜されなければなりません。その固定された自然による石とそれがどんな石とでも同じくらいうまく火の動作に抵抗すると叫ばれます-その出演以外の、非常に純粋な粉(タッチに感知できない)のそれは嗅覚に関する断片です、力で、そして、簡単に金属のプレートをtingeingすることができて、が、なめらかで、とても侵透する精神が明らかに乾くこと。自然の法律の遵法において、石が事実上存在しないで、人工で調製されなければなりません。このように、あなたは我々の石が単独で金でできているのを見ます、それでも、それは一般の金でありません。」  
Gardner [4] has asked: “Given the facilities of today’s scientific advancement and our knowledge of atoms and nuclei, is it possible (as it was in the distant past) to convert gold [and other precious metals] into a sweet-tasting, ingestable white powder?  Is it possible for that powder to outweigh its optimum weight of gold?  Is it also possible for that same powder to under-weigh itself and to weigh less than nothing?  Under such circumstances, is it possible that the powder can disappear from sight into another dimension of space-time and then be returned to its original state?  The answer to each of these questions is yes -- for this is the post-Star Fire mystery of the phoenix, and it is the key to the Messianic bloodline enhancement through the fire-stone.”
ガードナー[4]は尋ねました:「原子と核の今日の科学的な進歩と我々の知識の施設があれば、金[そして、他の貴金属]を甘い味の、ingestableな白い粉に変えることが、できますか(それが遠い過去であったので)?その粉が金のその最適の重さを上回ることが、できますか?それも、過小体重を量って、何より少なく重さを量りもしないために、その同じ粉にとって可能ですか?そのような状況の下で、粉が視界から時空のもう一つの寸法に姿を消すことができて、そして、その元の状態に戻されることができることは、あり得ますか?これらの質問の各々に対する答えははいです-これのために、不死鳥のポスト星の火神秘はあります、そして、それは火打ち石を通しての救世主の血統強化の鍵です。」  
The May 1995 issue of Scientific American discussed the effects of ruthenium (one of the precious metals), by noting that a single ruthenium atom placed at each end of the double-helix DNA increases the conductivity of the strand by a factor of 10,000, causing the DNA to become, in effect, a “superconductor”.  Based on a synthesis of additional historical, philosophical, mythological, and scientific evidence, David Hudson has determined that the ORME is truly the “Tree of Life”.  Hudson has noted in the Scientific Literature (Guidice, et al), the basis for human cells being able to exhibit Superconductivity and the extensive amount of research being conducted on treating cancer and other diseases with precious metals.  These precious elements appear to be correcting the DNA, literally “flowing the light of life” within the body.
サイエンティフィックアメリカンの1995年5月の号は、DNAが、実質的に、「超伝導体」になる原因になって、二重らせんDNAの各先端に置かれる一つのルテニウム原子が10,000倍にふさの伝導率を上昇させる点に注意することによって、ルテニウム(貴金属の一つ)の影響を議論しました。更なる歴史で、哲学で、神話で、科学的な証拠の統合に基づいて、デイビッド・ハドソンは、ORMEが本当に「命の木」であると決心しました。ハドソンは、ガンと他の病気を貴金属で扱うことに実行されることに科学文献(Guidiceほか)、超電導を示すことができるヒト細胞の基礎と研究の広範囲な量で注意しましたこれらの貴重な要素はDNAを修正しているように見えます。そして、体の範囲内で文字通り「生命の光を流します」。  
The Platinum Metals Review includes articles which discuss the treatment of cancers using platinum, iridium, and ruthenium.  Apparently, the application of a platinum compound to an altered DNA state (as in the case of a cancer) will cause the DNA to relax and become corrected.  It is known that both iridium and rhodium have anti-aging properties, that ruthenium and platinum compounds interact with DNA, and that gold and the precious metals can activate the endocrinal glandular system in a way that heightens awareness and aptitude to extraordinary levels.
プラチナ金属レビューは、プラチナ、イリジウムとルテニウムを使っているガンの治療について述べる記事を含みます。明らかに、変えられたDNA状態(ガンの場合のように)へのプラチナ合成物の使用は、DNAがリラックスして、修正される原因になります。イリジウムとロジウムには老化防止の特性がある、ルテニウムとプラチナ合成物がDNAと相互作用する、そして、金と貴金属が驚異的なレベルへの認識と傾向を高める方向で内分泌腺システムを起動させることができることが知られています。  
The ancients from thousands of years ago knew of the superconducting effect of the precious metals on our consciousness -- what they referred to as the light body (the ka), and that both the physical body and the light body had to be fed.  In so doing, we can also use the properties of the monoatomic elements to levitate, and quite possibly activate the body’s so-called “junk DNA”, along with the generally unused 90 to 95 % of the brain!
数千年前からの古代文明諸国も、貴金属の我々の意識 ― 軽い本体(ka)、まったく両方の物体と軽い本体と呼ばれる彼らが与えられなければならなかったもの ― に対する超伝導効果を知っていました。とてもする際に、我々は、脳の一般に使っていない90~95%とともに、体のいわゆる「ジャンクDNA」を浮揚して、全くおそらく活性化するために、モノ原子元素の特性を働かせることもできます!  
There is also evidence that the Hathor Temple on Mount Horeb in the Sinai Peninsula was involved in the construction of the pyramids.  The furnace laboratories were not only used to provide food for the light-bodies of the pharaohs in the Star Fire tradition, but by use of the levitation potential, the massive blocks of the pyramids could be easily moved into place.  For, in fact, the white powder is capable of bending space-time, providing for a gravitational attraction of less than zero, and of transposing its own weightlessness to a block of stone.  Even more exotically, Gardner has noted that: “The once-sealed King’s Chamber [in the Great Pyramid of Giza] was, in fact, contrived as a superconductor, capable of transporting the pharaoh into another dimension of space-time through the Meissner Field (a body’s polar magnetic aura).”
シナイ半島のホレブ山のハトル寺がピラミッドの建設に関与していたという証拠も、あります。炉研究所は星の火伝統において食物をファラオの光身体に提供することに慣れているだけでありませんでした、しかし、空中上昇可能性の使用によって、ピラミッドの大きいブロックはきちんと簡単に動かされることができました。白のために、実際、0未満の、そして、それ自身の無重力状態を石のブロックへ移す重力引きつける力のためにあるならば、粉は時空を曲げることができます。より異国情緒豊かにさえ、ガードナーは以下に注意しました「かつて密封された国王の議会[ギザの大きなピラミッドで]は、実際、超伝導体マイスナー・フィールド(体の極地の磁気雰囲気)を通して時空のもう一つの寸法にファラオを輸送することができる)として目論まれました。
The possible implications of the existence of the ORME -- adding the white powder of gold (and other precious metals) to one’s “diet” -- is astounding.  Based on the full range of literature, Hudson believes a human ingesting the ORME in the correct manner can fulfill all the dreams of the esoteric alchemists, i.e.:
ORMEの存在の意味合い-その人の「規定食」に金(そして、他の貴金属)の白い粉を添加すること-仰天するほどです。あらゆる文学に基づいて、ハドソンは、すなわち、正しい方法でORMEを摂取している人間が難解な錬金術師のすべての夢を実現することができると思っています:
·        To have perfect telepathy,
·        完全なテレパシーを持っています、
·        Be able to levitate and/or bilocate,
·        浮揚しておよび/またはbilocateすることができてください、
·        Know good and evil when it’s in the room with you (i.e. eat of the fruit of the Tree of Knowledge of Good and Evil),
·        それがあなた(すなわち、善悪についての知識のトリーの果物の食べます)のある部屋にあるとき、善悪を知っていてください、
·        Project one’s thoughts into someone else’s mind,
·        他の誰かの心へのプロジェクトものの考え、
·        Heal by laying on of hands, and
·        按手によって回復する、そして、
·        Cleanse or resurrect the dead within two or three days after they have died.
·        彼らが死んだあと、2または3日以内に、死者を清めるか、復活させてください。
The latter comes from the traditions of the Anunnaki in raising their own from the dead (after their Descent into the Underworld), as well as the gospels of Jesus Christ.
後者は、死者(裏の世界への彼らの降下の後)(イエス・キリストの信条だけでなくから彼ら自身のものを上げる際に、Anunnakiの伝統から生まれます
The good news is that the precious elements occur in herbs and numerous vegetables.  Grapes, for example, can be a primary source.  A four ounce glass of Concord grape juice frozen concentrate can yield 127 mg of rhodium and 48 mg of iridium (more than an equivalent amount of virtually any other food).  A key to the grape’s concentration of these precious metals is apparently connected to the fact that the grape roots go so much deeper into the Earth, where there is, apparently, a much better source of the elements.  This explains why the deepest mines on Earth are gold mines, and furthermore that volcanoes are also a source.  This implies that the interior of the Earth seems to be a primary “manufacturer” of the elements, and thus the ash from a volcanic eruption leaves downwind crop fields enormously fertile for years.
よい知らせは、貴重な要素がハーブと多数の野菜に起こるということです。ブドウは、たとえば、主要な源でありえます。凍った濃縮物がロジウムと48mgのイリジウム(実質的に他のどの食物の等価量も以上の)の127mg与えることができるコンコード・グレープジュースの4オンスのグラス。これらの貴金属のブドウの濃度の鍵はブドウ・ルーツが地球の中により深くそれほど行くという事実に明らかに接続しています、そこで、明らかに、非常により良い要素源があります。これは地球で最も深い鉱山がなぜ金鉱であるかについて説明します、そして、さらに、その火山は源でもあります。これは地球の内部が要素の主要な「メーカー」であるようなことを意味します、そして、このように、火山噴火からの灰は長い間風下の収穫畑を非常に肥沃なままにします。  
Hudson has discovered in the brain tissue of pigs and cows, that over 5% of the brain tissue by dry matter weight consists of rhodium and iridium!  Gardner, in his book, Genesis of the Grail Kings [Bantam Books, New York, 1999] notes that “by dry-matter weight, over 5 per cent of our brain tissue is composed of iridium and rhodium in the high spin state.”  This latter fact has often been missed because of the limitations of conventional testing sequences which do not take the time to go beyond thinking the test material is carbon, aluminum, or silica. 
ハドソンは、乾いた物質重量による脳組織の5%以上がロジウムとイリジウムから成るということをブタと牛の脳組織で発見しました!彼の本で、ガードナー聖杯の創世記王[バンタム・ブックス、ニューヨーク、1999]メモその、「乾燥物質重量によって、我々の脳組織の5パーセント以上は、高い回転国でイリジウムとロジウムから成ります。」、事実がしばしばそうであったこの後者は、テスト資材がカーボン、アルミニウムまたは二酸化ケイ素であるという考えを越える時間をとらない従来のテスト・シーケンスの規制のため、失敗しました。   
This implies that our self-aware Consciousness may be the result of a portion of our brain having monoatomic precious metals in our cells.  This suggests the natural state of having a heavy metal mind, but also suggests we may need to ingest far more than we’re currently taking in.
これは、我々の自己認識している意識が我々のセルにモノ原子貴金属を持っている一部の我々の脳の結果である場合があることを意味します。これはヘビーメタル心を持っている自然状態を提案するが、また、我々が遠く現在取り入れているより多くのものを摂取する必要があるかもしれないことを示唆します。  
Okay.  Is this is all true, then it would suggest that whoever controls the gold and precious metal supply of the planet would control everyone’s ability to be able to take advantage of the ORME.  It suggests, in fact, that slant on “The Golden Rule”, Dem Wid de Gold makes de rules!  And therein lies the Mother of Conspiracies.  In point of fact, the market on the precious metals is one of the most closely held, protected, and guarded Cartels on the planet today.  Allegedly, such vested interests are motivated only by money.  But don’t count on it! 
OK。これですべて本当です、それから、それは、金と惑星の貴金属供給を制御する人は誰でもORMEを利用することができるみんなの能力をコントロールすることを示唆します。それは、実際、「黄金律」(デメロールWidデ金製造デ規則)のその観点を提案しますそして、そこに、陰謀の母は、横になります。実際は、貴金属の市場は、今日、惑星で最も密接に持たれて、保護されて、防護されたカルテルの1つです。伝えられるところでは、そのような既得権は、お金だけによって動機づけされます。しかし、それを期待しないでください!   
It is perhaps worth mentioning that even if the powers that control the precious metal markets don’t realize the full implications what they’re controlling, this does not lessen the control.  Buying and holding gold might thus be a nice investment against the future.
それは、おそらく、たとえ貴金属市場をコントロールする力が完全な含みを実現しないとしても、彼らがコントロールしているものが支配をこんなに少なくしないと言う価値があります。金を買って、持つことは、このように将来に対する素晴らしい投資であるかもしれません。




http://honyaku.yahoo.co.jp/url_header?ieid=en&oeid=ja&setting=lang%3Dja%7Cfor%3D0%7Csp%3D-5%7Cfs%3D100%25%7Cfb%3D0%7Cfi%3D0%7Cfc%3DFF0000%7Cdb%3DT%7Ceid%3DCR-EJ&both=T&url=http%3A%2F%2Fwww.halexandria.org%2Fdward466.htm

2015年11月20日金曜日

【人民元IMFのウラ】日米欧が結託して中国を食い物にすると言われる本当の理由とは?人民元の国際通貨化の裏に潜む計画がマジでヤバ過ぎた!アングロサ...


2015年11月5日 あさラジ!佐藤優 中国と台湾の首脳会談で、沖縄と尖閣を共同で狙ってくる!


台湾と中国の大統領が60年ぶり対面【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2015/11/13


苫米地・宮台・宮崎が語るバカな人の共通点


苫米地英人がASKAのドーパミン経路の破壊された脳内を解説!!


2015年3月26日バラ色ダンディ Dr 苫米地発言まとめ【世界の大学を目指すべし!など】


バラ色ダンディ2015年3月12日Dr 苫米地発言まとめ【オウム事件の本質についてなど】


2015 4月2日 バラ色ダンディ Dr 苫米地発言まとめ


2015 4月2日 バラ色ダンディ Dr 苫米地発言まとめ


苫米地英人 【脳にいい勉強法】


苫米地英人『テレビは見てはいけない!最新の洗脳術』博士の異常な鼎談 第29回(2)


苫米地英人『テレビは見てはいけない!最新の洗脳術』博士の異常な鼎談 第29回 (1)


【博士の異常な鼎談】洗脳されている事に何故気付かないのか? 【3人の天才】 苫米地英人 宮崎哲弥 宮台真司


苫米地英人 天才会議」水道橋博士×宮崎哲弥×宮台真司7


苫米地 英人とまべち ひでと の名言を作ってみた


苫米地英人「天才の圧倒的な集中力の高め方」


【天才になる方法3】苫米地英人『コンフォートゾーンとやる気スイッチ』


苫米地 英人 コーチング


【1億は誰でも稼げる?】苫米地英人×神王リョウ(苫米地BRAIN 特別篇)


【最短でお金を作る】苫米地英人「まずは親を超えなさい!脳科学と認知心理学TPIE公式」


苫米地英人「般若心経 Heart」五つ星☆☆☆☆☆


【苫米地英人】プーチンが描いた壮大な戦略。今、世界がロシアに注目する理由とは?【最新情報】


2015年11月19日木曜日

【最新情報】戦争の裏にいるのは誰か?世界の戦争の黒幕を苫米地英人が暴く!


【AI最前線】人間の頭脳をはるかに超え始めた人工知能。次の展開を苫米地英人が予測!【最新情報】


【AI最前線】人間の頭脳をはるかに超え始めた人工知能。次の展開を苫米地英人が予測!【最新情報】


苫米地英人が瞬間移動の仕組みについて明かす!


【やりすぎ都市伝説外伝】 2014夏SP Mr.関暁夫「フリーメイソンとイルミナティ」 ①


知られざる文明、滇(てん)王国


【都市伝説】グノーシス派イルミナティに集った天才と人工知能伝説|奇天烈動画配信団


【都市伝説】イルミナティ『ナチス派』の人類奴隷化計画|奇天烈動画配信団


【都市伝説】イタリアの秘密結社P2ロッジのアトランティス伝説|奇天烈動画配信団


【都市伝説】イタリアの秘密結社P2ロッジのアトランティス伝説|奇天烈動画配信団


姿を現したフリーメイソン(世界最大の秘密結社・会員約500万人)


もうひとつのダ・ヴィンチ・コード


ダ・ヴィンチ・コード 真実と虚構の境界線


2015年11月18日水曜日

20150902 宇宙語どうでもいいでしょう@ヤンガス&ルシエル&ami&葉子


20150216宇宙語どうでしょう@ヤンガス&eye


20150130宇宙語どうでしょう@ヤンガス&イリィ


20151002 宇宙語どうでもいいでしょう@ヤンガス&みき&かずっち


20151002 宇宙語どうでもいいでしょう@ヤンガス&みき&かずっち


20151002 宇宙語どうでもいいでしょう@ヤンガス&みき&かずっち


死後探索 ブルース・モーエンさん インタビュー (HD版)


ブルースモーエン 坂本政道さん コラボレーションセミナー


1006J+842 キリストとは誰なのか+どこから来たのかWho is Jesus Christ by はやし浩司


2015年11月15日日曜日

2015年11月2日月曜日

プレアデスETI学② / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


プレアデスETI学② / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


プレアデスETI学① / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


国際ETI事件学 ( 4 ) / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


国際ETI事件学(3) / UFO大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


国際ETI事件学 ( 2 ) / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


国際ETI事件学( 1 ) / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


日本UFO・ETI学(4) / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


日本UFO・ETI学(3) / UFO科学大学院 ( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


日本UFO-ETI学(1) / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


金星ETI政府学④ / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


金星政府ETI学③ / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


金星政府ETI学② / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


ウンモETI学③ / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


ウンモETI学② / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


ウンモETI学① / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


クラリオンETI学③ UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


クラリオンETI学① / UFO科学大学院( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


クラリオンETI学② / UFO科学大学院 UFO SCIENCE SCHOOL


Hugo de Garis - Singularity Skepticism